Hyper 子供服と雑貨

子供服と雑貨

雑貨といってもそのジャンルは広く、生活雑貨、インテリア雑貨、キッチン雑貨のほか、地域ごとにアジアの雑貨、カントリー雑貨等に分類される。

雑貨とは「雑多の貨物。またこまごまとした日用品」をいうとされる(広辞苑による)。辞書的な定義からすれば、金物屋の店頭に並んでいる雑多なバケツ、金物、金槌、釘、たわし等を連想してしまうが、実際にはもっと洗練されたものであり、時代やライフスタイルとの関係を切り離すことができないものとなっている。

現在では雑貨とは日常生活に彩りを添える趣味性の要素が重要視されるようになってきている。このような観点から生活雑貨は必ずしも生活必需品とは異なるとされる。つまり単に必要とされるから選択されるものではないとされる。

また生活雑貨の中には趣味的要素が求められる。この点は希少性、品質等のブランド的要素とは異なり、需要者自身が生活雑貨の中に価値を見出すものである点が特徴である。このためブランドバッグ、ブランド時計等は生活雑貨とはいわない。

この一方、子供服は子供たちの個性を引き出し生活になじむものである一方、成長にあわせて次々と買い換えていく必要のあるものである。

雑貨と子供服とは一見全く関係ないように見えるかも知れないが、必ずしも実用性のみで選択されるものではない点、趣味性が重視される点、需要者がその中に価値を見出す点、一定期間で更新される点などが共通する。

子供服も一定期間が過ぎると全く要をなさなくなる。このため時期や季節を見据えて準備していかなければならない。

生活雑貨も子供服もこれを販売する側から言えば、需要が尽きることはないのであるからこれを社会に提供していく演出が重要になる。この点から生活雑貨や子供服はこれからも工夫次第で大きなビジネスチャンスの期待できる分野でもある。

雑貨、子供服に関連する最新の参考情報

子供服の選択に気をつける点

子供の成長に伴い、子供服は一定期間経過後に使用することができなくなる。このためサイクルを考える必要がある。

兄弟や親戚で使い回しができる場合には全体が円滑に回るように趣味やデザインをそのために選択しておく必要がある。また兄弟や親戚がいない場合にはリサイクルに適した素材、デザイン、耐久性のあるものを選択する。

この様に一歩先のことを考えて子供服を選ぶことでリサイクルの際にも高価に売却することが可能になり、次の子供服を購入する際に有利に進めることができる。

お奨めリンク集


参考情報のリンク